検索結果

「人物」「嘉瀬校区」「人物」は7件登録されています。

  • 古賀清右衛門(緞通碑)

     生年月日不明、元禄12年(1699)7月10日没  扇町出身、農家に生れたが志を立て韓国に渡り、中国伝来の「毛氈」の手法を学び、帰国して「扇町毛氈」を創作した。堅固で多様な色彩、紋様が人気を呼び、当時扇町一帯に10数軒の機織屋があって繁栄した。これが藩に認められ「鍋島緞通」として藩の御用商品となり、一般庶民間の売買は禁止されていた。  幕府への献上品ともなり藩の貴重な商品となっていた。明治維新で職を失った...

  • 松永安平

     生年月日不明 明治16年(1883)12月8日 没 扇町に生れる。明治13年、扇町の苗運寺境内に栄昇小学校が設立された。その際、校地並びに校舎を寄付し、学校設立に大きく貢献された。その功績を称える頌徳碑は大正16年に苗運寺境内に建てられている。

  • 鵜川徳次郎

     明治11年(1878)2月9日生れ、昭和20年(1945)6月21日没、69歳  学校敷地寄付。嘉瀬町嘉瀬津在住だった。  明治23年(1890)10月30日の小学校令改正で、嘉瀬村の小学校が統合され、学校が新築されたが、その時の敷地を寄付(今の青藍団地全域)。その後、昭和20年(1945)に、国道南に校舎が新築移転した。その折も校地並びに校舎建設資金を再び寄付した。また、学業と善行に俊れた生徒に「鵜川賞」があった。頌徳碑は...

  • 中原勇夫

     歌人 佐賀大学名誉教授  明治40年4月1日生れ、昭和56年4月25日没 74歳  嘉瀬町天草江に生れる。著書 「今泉蟹守歌文集」「中世和歌集」他、歌集 「年輪の序」「常歌」「続常歌」他、ひのくに短歌会主宰、佐賀県短歌協会を結成し会長を務めた。  佐賀県文化賞、佐賀市政功労者表彰を受賞した。佐賀市高伝寺と伊万里市自然公園に歌碑がある。

  • 高柳儀八

    海軍中将 明治24年(1891)4月17日生れ、昭和48年(1973)12月29日没 81歳   嘉瀬新町に生まれ、新町の分教場で学び、後に海軍兵学校入学・卒業。昭和16年(1941)戦艦大和の第2代艦長、終戦時は海軍兵学校副校長。 戦後は、郷里の嘉瀬村で教育長や公民館長初代長生会長(現老人会)を歴任。 館長時代に公営結婚を唱え429組が挙式。俺の一生は「艦館」だったとよく云われていた。達筆で公民館にも額をもらっている。生...

  • 一編舎十九 蒲原大蔵

    天明3年(1783)生まれ、安政4年(1857)4月2日没 75歳 金立の大門で28年間創作、活動をし、作品は20作余りある。肥前史談会古書刊行部会で昭和3年12月10日発行。非常にユーモアに富み、面白く可笑しく飽くことがない。墓は中原の臨滄庵にある。

  • 内田清一

    明治13年(1880)5月12日生れ、昭和14年(1939)4月5日没、野田出身で、明治37年より大正4年まで、旧制中学校の柔道教師を勤める。大正4年以降、製紙、印刷、水産、紡績など各種会社の社長となり会社経営に携わる。大正5年より佐賀市会議員当選4回、佐賀県会議員当選5回。政界でも活躍した。明治44年には私立佐賀実科女学校を佐賀市与賀町に創設、校主となり女子教育にも傾注した。私立実科女学校は幾らかの変遷を経て...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl