検索結果

「人物」「本庄校区」「人物」は8件登録されています。

  • 梅林庵藩祖・鍋島直茂が修学と初陣

    直茂は、天文7年(1538)本庄の館で鍋島清房の二男で生まれ、幼名を彦法師と称した。 天文10年(1541)4歳の時、小城の千葉胤連の養子となり10年を過ごす。同20年、14歳で養家を辞し佐賀へ帰り、梅林庵で2年余り手習、学問を修得した。天文22年、諸将の謀略で一時筑後に逃れていた龍造寺隆信が佐賀に帰り、諸将を退却させ村中城に入った。これに際し、直茂は龍造寺軍で参戦した。16歳の時で梅林庵から出陣した。これが直茂の初陣...

  • 龍造寺隆信の母親と慶誾尼

    慶誾寺は、戦国大名龍造寺隆信の母慶誾尼が開基の寺です。慶長3年(1598)、慶誾尼の願いで東与賀の流長院をこの地に移しました。慶誾尼が、2年後の慶長5年に亡くなると、法名を慶誾妙意大姉とし、ここに葬りました。同時に寺名が般若山慶誾寺となりました。 慶誾尼は、戦国時代九州三大勢力(肥前・龍造寺、薩摩・島津、豊後・大友)に数えられ、肥前、筑前、筑後、肥後、豊前の一部と壱岐、対馬まで傘下にし、五国二島の太守...

  • 鍋島直正夫人盛姫

    盛姫は11代将軍家斉の最も愛する姫で15歳のとき、12歳の花婿直正に文政8年(1825)12月27日輿入をなす。直正は天保元年(1830)17歳になり家督を相続し、10代藩主となった。当時の藩の財政は度々の風水火災にて窮迫していたので藩政改革を決意した。 天保6年(1835)困窮の佐賀藩に追い打ちをかけるように佐賀城二の丸が焼失した。この時盛姫の斡旋によって幕府から築城費を2万両貸与された。これが基となって天保9年(1838)に新城...

  • 朝倉弾蔵尚武

    明治7年(1874)4月13日早朝佐賀城内の刑場の露と消えた朝倉尚武は、通称を弾蔵という。天保13年(1842)佐賀藩士の家(東寺小路、久納屋敷の南)に生まれ、弘道館に学んだ。特に兵学に優れていたという。 維新戦争では、佐賀藩隊の軍監付きや小隊長として奥羽に転戦凱旋後、東京遊学を命ぜられて昌平黌に入り、明治4年(1871)に帰郷した。 この年、佐賀藩の兵制改革で二個大隊が編制され、一番大隊長に任命された。 廃藩置県の際...

  • 百武志摩守と圓久尼

    九州五国二島(肥前、肥後、筑前、筑後、豊前、壱岐、対馬)の太守龍造寺隆信公の重臣百武志摩守夫人は俗名を藤子(斐子)と呼び、後、仏門に入り剃髪して圓久尼と称した。 女子はかねて大刀無双の誉高く武道の達人であったばかりでなく、博く和漢の学に通じ、婦人としての修養研鑽に努め、その人格は当時衆人の敬慕する所であった。百武家に嫁して以来、志摩守出陣の場合は、その身もかいがいしく武装を整えて後に続き、槍の柄...

  • 石井如自

    石井如自の墓が常照院にある。本名は又右衛門忠俊といい、別名を嘲鴎子ともいった。元禄14年(1701)12月24日没す。法名を養法院安節日時居士行年67歳。 石井如自は佐賀藩の名門家である石井久左衛門(正純)の二男である。父は如自が6歳の時死し、祖父茂忠(九郎右衛門)に育てられた。20歳の頃にはすでに歌道や俳諧を深く研究していたらしく、鍋島光茂時代の御歌書役であった。 明暦2年(1656)安原貞室が師匠松永定徳没後、師...

  • 日軌上人と華道

    佐賀の去風流の生花は上飯盛の常照院第17世日軌上人が、まだ嘉瀬町妙福寺にいたころ、京都にて去風流家元第2世、蘭皐舎子來師について奥義を極め、家元の第3世を受け継いで帰佐し、去風の生花を佐賀に広めた。 この日軌上人が去風流家元第3世、花兮庵寒崖(カケイアンカンガイ)で、佐賀における去風流の祖である。 寒崖は佐賀に帰ってから、各所で花会など開いて大いに流布に努めたが、その花風は上下の称賛を得て、8代藩...

  • 中野實翁

    上飯盛集落南東部の一角に中野實翁生誕記念碑がある。翁は安政元年(1854)この地に生まれた。九州電燈鉄道始め多くの企業の経営に参画し、取締役や社長を務めた実業家である。一方では子弟教育や社会福祉事業にも大きく貢献された。大正11年(1922)の本庄尋常高等小学校の新校舎建築に際し、その費用5萬円を当時寄附されている。大正13年(1924)には、衆議院議員になった。 また、翁を称える中野實翁頌徳碑が本庄小学校校庭に建て...

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl