検索結果

「物語・いわれ」「鍋島校区」「物語・四方山話」は13件登録されています。

  • 入れ薬屋さん

     富山県や奈良県や田代などから回ってくるおなじみの「置き薬屋」、即ち売薬業者のことで、昔から残っているのどかな風景である。家庭で緊急時に必要な腹痛、歯痛、頭痛、かぜ薬や、のべ膏薬、貝がらにつめた白膏薬などの薬が主で、便利なものとして忘れられず利用している家庭がある。

  • 綱敷天神さん

     蛎久の犬塚さん北裏、古賀さん宅の北に小竹が茂り、三方堀に囲まれているところが「綱敷天神」のあとであり、東側の堀を天神堀(てーじんぼい)と呼んでいる。  察するに、菅原道真公が太宰府に流されるとき、船でこられ博多に上陸されたが、突然のことなので高貴な方を受けいれるところもない。とりあえず新しい船のとも綱をぐるぐるとまるく巻き、お迎えされた。そこで人々は、綱の上にお坐りになる天神様、綱敷天神と呼び...

  • イッチーの木

     樹令……350年以上。『名木、古木』  鍋島直茂、成富兵庫などが亡くなった頃の生まれで天満宮境内にある。  イッチーの実の熟したものは、色がとても美しい。ドングリの背くらべというがイッチーもほとんどが形にかわりがなく整っている。コマ等を作って時間のたつのも忘れて遊んだ。今のように電池を入れた遊び道具などなかった時代は貴重なもので、子どもの財産くらべにはその数がものを言った。  手に入れる方法は ・石か...

  • 野狐

     川上川の官人橋よりずーっと下んほうの、蛎久のほうに通ずっところの渡しのところで、婚礼のりっぱな衣裳にしやいて、渡しに乗ってじゃーもん、そいぎ、「こん畜生、また、がんして行きよいひっだぐった。」て思うて、その船頭さんがひっくい返しなったて。そいぎなた、そいから先ゃあ、もうあがんして船頭さんの小屋はつん燃えたて言いよんさった。そしてもういくら船ば作ってもなた、そこは晩には渡られんて言いよいなった...

  • 野狐のご膳迎え

     野狐の嫁入りちゅうとはもう、どうしたっちゃ、あがんと、ちょうちんばね、もう、ちょっと、ほんなちょうちんのごとっ、ずっと渡っていくよ。あの土手(チィチィ)ば。  あたいどま八戸村おったけんがさい、あのチィチィ土手はね、もう、裏からひょーんと、しるっわけ。そいぎ、あの土手がもう、ひとばなれのねぇ。馬の死んぎ、あのチィチィ土手の下のよしのさい、竹のごとっして、太うしてよしでん広かもう。そこのきわに馬...

  • 野狐と祝儀帰り

     うちの親父さんたちゃ、祝儀てんなんてん行たてね、嘉瀬の手前にチィチィでぇちゅうてー本橋のあんもんね。私の親父さんは嘉瀬元町からもんじゃけんが、よう祝儀とか行きよらしたて。祝儀のみやげがもう、酔ぇくろうてチィチィでぇば来よって。そうして、みやげば酔ぇくろうとっばってん、もう、わが両手にさげとった、わがおべぇちいとらす。ち、言わすわけ。  そうして、わがもう、なんもかいも泥んごとなって、酒飲みよら...

  • 狐の話

     明治から大正にかけて、お宮の近くに鎮守の森があった。そこには、たくさんの野狐が住んでいてよくいたずらをしていた。  ある日、八戸村に住んでいた林幸さんが親類のこんれいによばれたその帰り、酒に酔うていい気持ちになりふらふら歩いていた。土手にさしかかって一やすみするときまではおみやげを手に持っていたことはたしかだった。  ところが、一息ついてごちそうを持って帰り、家でひらいてみたら、野菜を藁でむす...

  • 狐の見送り

     大正8年ごろ、あるおばさんが、神野町に毎日田んぼの小道を歩いて通勤していました。ある日のこと、夕方、帰ってくる途中で日がうす暗くなってきました。おばさんは急いでいましたが、おきの森にさしかかると、急に右の肩が重く感じました。うしろを向いてもものかげはありませんでした。おばさんは、さらに急いで歩いていますと、左の肩まで重くなってきました。おかしいなと思い思い、自分の家の橋にきたら、急に肩がかるく...

  • ゆうれいのおはなし

     明治の頃のお話です。  ある村にひいおじいちゃんが住んでいました。ひいおじいちゃんには、とても仲のよいお友だちがいました。  ところがある日、お友だちがお亡くなりになったので、ひいおじいちゃんは悲しみました。それから10日ほどたったころ、田んぼの見まわりに行って帰る途中、一本の柳の木があるところに亡くなった友だちが立っていました。ひいおじいちゃんはびっくりしましたが、お友だちと話しをしたそうです...

  • 河そうの話

     あたいどんがこまか時分に、河そうから取られて死んじゃったいね。おどま見ぎゃ行たことがあっじゃん。八戸村まで見ぎゃ行たよ。  八戸村ちゅうところは太か百姓ばっかいじゃん。そけぇ20ばっかいなっ姉やんがいたて。みんな昼あがいしてから姉やんが1人してあせらんば。男どんはしっきゃあ昼飯くうぎ田ん中さい出てしまうわけ。そいもんじゃっけんが、その姉やん1人して気のもむっ。そいが昼飯くうてじきやっけんもう、ぬっ...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl