検索結果

「物語・いわれ」「本庄校区」「地名・とおり名」は12件登録されています。

  • 本庄の地名の起源

    平安時代になると土地所有の仕組みがゆるみ、有力貴族や寺社が土地を所有するようになり、荘園制度が発達した。平安時代後期になると佐賀地方でも与賀荘を含む多くの荘園が設定された。 与賀荘は、建長2年(1250)には与賀町からその南部に存在していたことが史料(『東福寺文書(京都)』)などで確認されている。正応5年(1292)の史料(『河上神社文書(大和町)』)には、与賀本荘120丁、与賀新荘600丁との記載がある。 建長...

  • 本庄町の変遷

    本庄町の藩政時代は、本庄東西を本荘郷とし、末次東西、鹿子、上飯盛を与賀上郷と称し、六庄屋を配し、六郷蔵一社倉を置いていたが、明治維新の際に、川副郷の一部であった袋村を編入し四十大区三小区と称した。また本庄村外三ケ村戸長区域としていたが、明治22年市制・町村制実施の際、厘外村の一部であった正里村を編入し、上飯盛の一部を西与賀村に割き、また、鬼丸、田端、大崎等の転在地を佐賀市に譲り、面積は約6.8k㎡と...

  • 西川内地名の由来

    西川路(地)と書かれていたが、神戸の湊川神社より30年も早く梅林庵に楠公を祀ったので、その生地、河内国にちなんで西河内と改められ、その後西川内になる。

  • 灰塚の起源

    永享3年(1431)将軍足利義教の時、防州の大内徳雄(盛見)が筑後に進出し、立花城(柳川)を攻める。城主はこれを幕府に訴えた。徳雄は追われ、肥前に逃れて来たのを少貳資嗣が佐賀城に迎え戦った。徳雄は飯盛城(上飯盛常照院付近)に籠る。少貳資嗣は龍造寺家氏の部下、鹿江遠江守と謀り、西の飯盛城を夜討ちした。その結果、大内徳雄は飯盛の西方から上松浦を経て、筑前へ逃れた。その時西与賀高太郎の高太郎丸、小太郎丸の...

  • 袋地名考

    大字袋は、水ヶ江町慶雲院より流れる水を四囲に井堰を築き袋の如く溜めて、灌漑用水となしたので、その様をみて「袋」といった説と、袋区がもと川副上郷の内八田江が蛇行して袋状をなしていた地形から付けられたとも言う。 袋村は、もともと川副上郷の内であったが、明治22年に本庄村に編入された。 袋に曹洞宗の古刹寒若寺がある。「酒袋山」を山号としている。寺の隣り合わせに、袋天満宮が遷座している。この宮の由緒による...

  • 元舟津

    大字末次字八田は文化14年(1817)の郷村帳に末次東分村(中島、西八田、末次本村)と記されている。 八田江は佐賀藩当時の重要水路で船舶の出入が頻繁で八田井樋尻(現在の八田橋附近)にはいつも帆柱が林立していたので、「元船津」(船の碇泊する所)と名付ける。 八田江畔の堤塘には、御船屋跡が八田江改良工事前まで残っていたが現存せず。 八田区南が当時の船着場で、ここを中心に西川副南里の正定寺と鹿子の慶?寺を結ぶ東...

  • 末次の起源

    近衛天皇(第76代)の久寿元年(1154)鎮西八郎爲朝が九州で猛威をふるっているとの知らせにより、鎮西の監視役に5名が派遣されてきた。その内の一人である藤原秀郷の孫季清左衛門尉は佐賀に来て龍造寺村に館を構えた。(一説には藤原季清は、仁平元年(1151)杵島郡黒髪山の大蛇退治で名高い、源爲朝に従って肥前に下向し、のちに小津郷龍造寺村に住んだとある。) 季清の第5子季慶(季喜)は父の職を継いで佐賀において、小津の...

  • 寺家の起源

    第54代仁明天皇(834〜)の御孫常康親王の御子空也上人は九品念佛宗の宗祖である。村上天皇の天暦5年(951)京都平安城内は熱病に襲われて多数の死者が出た。これを見て、空也上人は十一面観音を自作して、茶を煎じてこれを観音さんに供え、患者に与えたら病気は悉く癒えた。これに感激していた平貞盛は、空也上人の弟子となり修行した。貞盛の子孫中尾甚左衛門は一族9名を伴い龍造寺2代の祖藤原季喜公が九州下向の際随行し、佐...

  • 米蔵古賀村

    正保(1644〜1647)・元禄(1688〜1702)年間の絵図には、米蔵古賀村の村名が記されている。 文化14年(1817)の郷村帳によれば上飯盛村に属している。天保年間の絵図によれば、二本柳八角に「三蔵天神」が祀られていた。この地に藩政時代には三つの米蔵が建っていたそうで、現在は田圃になりその面影もないが、時々瓦等が出土するそうである。 「米蔵古賀」という地名はこれより言われたものであろう。

  • 上飯盛地名の由来

    江戸期の村名は「かみいさかえ」「かみいさかり」とも言う。佐賀本藩領。与賀上郷に属す。村高は『天明村々目録』によれば、1.175石余とある。 『天明郷村帳』では、小村に米蔵古賀・夜尺・田中がある。上飯盛一帯は鎌倉期頃の海岸線で、飯盛の字は、飯を盛るという意義で、現在の東与賀の大野・住吉・新村等の干拓の際に、新地方の役所を置き、飯の炊出方をなし、これを盛って公役の人夫に配ったので「飯盛」と呼ぶようになっ...

前の10件1 | 2....[最後]
総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl