海童神社 | さがの歴史・文化お宝帳

海童神社

所在地 佐賀市川副町大字犬井道624
年代 中世
登録ID 1966

出典資料から記載

祭神  主祭神
上津綿津見神、中津綿津見神、底津綿津見神
    (イザナギノ大神から生まれ、天照大神、スサノオノ大神の兄神にあたり、豊穣、豊漁、等の神)
     相殿神
     天照皇大神
     菅原道真
創設年代 天文22年 (1533)
沿革   龍造寺隆信が、一時、筑後に難をさけた後、天文22年佐賀城奪還のために海を渡り、漁夫園田次郎兵衛、犬井道新兵衛の水先案内で、鹿江崎に上陸、旗揚げして大いに勢いを奮った。このとき、この地の状況を視察した隆信は、代官成富甲斐守大蔵信種に命じて、潮水防堤を増築し、鎮護の神として海童神社を創建した。
その他  (末社)
     弁財天社、池の森稲荷神社、八幡社
寄せ宮社 (昭和47年改築)
出典:川副町誌P.964〜P.965

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl