馬頭観世音 | さがの歴史・文化お宝帳

馬頭観世音

所在地 佐賀市大和町
登録ID 2135

出典資料から記載

その名のように頭上に馬頭をいただいているが、当町北原のブロック堂内には弘化3年(1846)になる三面六臂(3面に6本の腕)の立像が安置されている。右上手に宝珠、下手に錫杖、左上手に鑓、下手に斧を持ち、中央の二臂は合掌している。正面頭上に馬頭をいただいた手の込んだ石像である。
 都渡城の宝塔山には陸軍大佐堤 清氏による日清日露戦死馬頭観世音の石仏が明治40年(1907)に建てられている。自然石になる馬頭観世音は町内各所に見受けられる。馬頭観昔は六観音の一つで、畜生道に落ちた死者を救うといわれたが、いつからか牛馬の守り本尊とされ、死馬牛の供養や牛馬の安全祈願から人間の交通安全祈願まで及ぼしている。
出典:大和町史P.560

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl