大般若経 六百巻(玉林寺) | さがの歴史・文化お宝帳

大般若経 六百巻(玉林寺)

所在地 佐賀市大和町大字久池井3257出羽
年代 中世
登録ID 2143

出典資料から記載

 正平25年(1370)より建徳3年(1372)にわたり写経されたもので、沙門比丘令虎が肥後国山鹿郡南庄目野山満光寺で写経している。それがどうして玉林寺に伝えられたか詳かでない。菊池一族の戦勝祈願のためのものではないかとも想像されるが、とにかく六百巻にわたり写経されたものは年代的にも珍らしく貴重な文化財である。
出典:大和町史P.593

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl