勝軍地蔵 | さがの歴史・文化お宝帳

勝軍地蔵

所在地 佐賀市大和町駄市川原
年代 近代
登録ID 2191

出典資料から記載

 甲冑武人が馬に乗った姿のものを勝軍地蔵又は愛宕様と呼んでいる。当町では駄市川原の智徳寺境内に愛宕さんと称して祀られている。明治2年(1869)の建造で、この種の石神は町内では珍らしい。京都愛宕山の将軍塚に地蔵を祀ったのが始まりで、将軍が勝軍になったのはその名の縁起をとってのことであろう。伝えるところによると忠臣蔵の大石良雄は吉良邸討入りの成功を勝軍地蔵に祈ったという。昔、朝廷を始め武家の間でもこれを祈念すれば必ず勝利を得るとして信仰されていたようである。智徳寺愛宕さんへの参詣者に受験生が多いのは合格必勝の功徳を念ずるためであろう。
出典:大和町史P.558〜559

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl