揚心流捕手目録 | さがの歴史・文化お宝帳

揚心流捕手目録

所在地 佐賀市大和町
年代 近世
登録ID 2249

出典資料から記載

 長い巻物に墨で鮮やかに図を入れて揚心流の基本型を示した免許状で、これは万治3(1660)年6月28日付である。昔の慣例によると、こうした免許皆伝はいわゆる自分の嗣子か愛弟子の中の1人にしかやらなかったものである。最後にこの揚心流の禁制として五ヵ条をあげているが、この五ヵ条に背く時は摩利支尊天の罰を受けると戒めている。
 摩利支尊天は印度の神で、火星の女神をいい、国を護り兵戈を救う大力があるというので、武士や力士等の守り神であったという。
 これを納めてある箱は嘉永元年(1848)で、この目録より後に作ったものである。
出典:大和町史p586

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl