針供養 | さがの歴史・文化お宝帳

針供養

所在地 佐賀市大和町
登録ID 2263

出典資料から記載

 もともと12月8日と2月8日の2回していたがいつの間にか2月8日だけになった。明治のころまでは裁縫師匠の家で、この日針子たちが晴れ着で集まり五目飯などを作った。1年間使用して折れた裁縫用の針を白い豆腐にさし、淡島様の祭壇を設け、草花や菓子等を供えて針へ感謝するとともに裁縫の上達や針でけがをしないようにと祈った。この日1日は針を納め仕事を休んでいた。以前は学校でも女児だけでこの行事をし運針競技などをしていた。
出典:大和町史P.633〜634

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl