河上神社(淀姫社)の楠の古株 | さがの歴史・文化お宝帳

河上神社(淀姫社)の楠の古株

所在地 佐賀市大和町大字川上1
登録ID 2295

出典資料から記載

 社殿の西側に珍らしく大きな楠の古株がある。昔は高さ30m余、幹の周り27mばかりで、弓の弦を15筋つないでもなお足りなかったといわれる程の大楠であった。明国の僧如定はこれを見て、「珍らしい大木である。大唐四百余州広しといえども、恐らくかかる大木は見られまい。」
と驚嘆したという。明の時代はすでに大樹であったのであろう。鍋島初代藩主勝茂はこれを聞いて、かかる名木であればと、周囲に高く石垣を築かせ、国の霊木として保護したとあるから、今の石垣がそれであろう。
 昔から御神木として人々はこの木を拝んでいたという。幕末ごろは佐賀藩の三名物の1つといわれた。(註=三名物の他の2つは、武富廉斉の親孝行と長崎の蒸気船である)
出典:大和町史P.533〜534

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl