龍造寺八幡宮下の宮 | さがの歴史・文化お宝帳

龍造寺八幡宮下の宮

所在地 佐賀市水ヶ江五丁目
年代 現代
登録ID 2413

皆さんからの情報

 龍造寺八幡宮は、文治3年(1187)に龍造寺南次郎季家が建立した。当宮は昭和60年(1985)7月に社殿を創建し、本社に当る龍造寺八幡宮(白山鎮座)の御分霊を遷し、鎮座された。元来この地は、龍造寺八幡宮の氏子であり、遠く龍造寺の領する重要な一角に位置していた。 古くこの境内は本社の頓宮として秋祭には本社の神輿のお下りがあり、下の宮祭が斉行される。
 夏祭りは、毎年7月の第4日曜日、秋祭りは11月3日、そして毎月の月並祭は18日と定めている。夏祭りは町内上げての祭りで老若男女が参加、一時は朝市、盆踊り、子ども御輿も繰り出し朝から夜9時過ぎまで賑わった。最近は、時代の移り変わりに高齢化や多忙のためか、大人の参加者が減り、子ども御輿は町内廻りを実施している。
出典:地域の人の説明

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl