吉祥山 西福寺 | さがの歴史・文化お宝帳

吉祥山 西福寺

所在地 佐賀市富士町大字市川2572
登録ID 2756

出典資料から記載

 宗派 臨済宗南禅寺派 
本尊 阿弥陀如来
由緒 開基周年調禅師。初め泉州軒と別称した。この建物は野中和泉守の旧館であった。野中氏は千葉氏の一族で、越前(福井県)野中荘を領して野中を姓とした。野中泉州胤継は小城郡晴気に来任、市川を領した。千葉氏没落後はもっぱら市川に任し、山内豪族となった。泉州軒は泉州の子伊賀守の建立であったが、幾度遷後の寛文3年(1663)現在地に移任し、吉祥山西福寺と号した。この寺には明応6年(1497)大内義興に攻められ、市川で自刃した少弐高経の「安養院殿大憧本高大禅定門」の位牌がある。
出典:富士町史下p.410〜p.411

地図

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl