天山スキー場 | さがの歴史・文化お宝帳

天山スキー場

所在地 佐賀市富士町大字市川2338-6
登録ID 2773

出典資料から記載

平成元年(1989)12月に標高1046mの秀峰天山の北西斜面に、スキー場が開設され、多くのスキーヤーを楽しませている。
また、九州電力の天山揚水発電所の上のダムが、天山7合目附近に築堤されて、更に景観を添えている。
 株式会社野辺山ハイランド(本社東京)は、株式会社天山ハイランドビレッジを設立し、富士町の天山北側に、九州では初めての本格的リゾートスキー場「天山スキー場」をオープンさせた。
総面積18ha、標高700〜900m、ゲレンデ延長1000m、/600m、平均斜度13度、
最大斜度22度、リフト2機(570m、913m)、スノーガン40基、レンタルスキー1000組、センターハウス640名収容、駐車場1600台。一方、夏季は、グラススキー場として運営。
 またテニスコート3面(オールウェザーコート)、プール50m8コースなどが利用できる。
出典:富士町史下p.232〜p.233

地図

関連情報