第二線堤防の石積み | さがの歴史・文化お宝帳

第二線堤防の石積み

所在地 佐賀市東与賀町(大搦堤防・授産社搦堤防)
登録ID 2974

出典資料から記載

 有明海干拓で潮止めの役割を果たしてきた大搦堤防は明治4年に、授産社搦堤防は明治中期に築かれた最大規模の有明干拓堤防です。
 現在も二線堤として機能し、道路としても利用され、石積みの景観がすばらしいことから2003年に、後世に伝えるべき土木遺産として土木学会選奨土木遺産に認定されています。
出典:東与賀町勢要覧p22

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl