愛宕神社 | さがの歴史・文化お宝帳

愛宕神社

所在地 佐賀市呉服元町
登録ID 480

出典資料から記載

 関ケ原合戦のとき、鍋島勢は西軍に加担したことで、徳川から疑惑の眼で見られ、鍋島家の浮沈にも及ぼうとしたおり、井伊兵部少輔・本多佐渡守、円光寺住職元佶らの斡旋で、かつ、直茂の忠心に対し許され、筑後柳川の城主立花左近将監宗茂征討の命を受けた。慶長5年(1600)10月14日鍋島直茂・勝茂父子は、3万余騎を率いて佐賀を出発した。
 この折り、各地方は罹災多く特に災火の禍いを憂慮された勝茂は、鍋島生三を名代として、京都愛宕山に祈願をしたところ、無事災害もなく御利運があったので御信仰を深められ、新堀端(佐賀市呉服町)に京都愛宕山より勧請された。
 東京愛宕神社の祭神は、火の神(火産霊命{ほむのびのみこと})・水の神(罔象女命{みずはめのみこと})・山の神(大山祇命{おおやまつみのみこと})などで、伏せの神として広く信仰されてきた。藩政時代の火災のなかで、明暦11年(1761)1月19日高木町より出火、新堀端・呉服町・元町・中町・魚町・八百屋町・夕日町・中の小路のすべてが(332軒)焼失したとの記録がある。戦後昭和24年からは、呉服町・蓮池町・新天地・元町・白山町の協力で、夏祭りには御輿が繰り出され、災禍転除の行事が盛大に行われている。
出典:ふるさと循誘(P.121)

地図

関連情報