副島種臣の書 二幅 | さがの歴史・文化お宝帳

副島種臣の書 二幅

所在地 佐賀市呉服元町 願正寺
文化財指定状況 佐賀市 重要文化財
文化財指定日 平成5年3月31日
登録ID 5171

指定文化財

副島種臣は、文政11年(1828)、佐賀藩士の家に生まれ、幕末、明治維新にかけては国事に奔走し、新政府のもとで参議、外務卿、一等侍講、宮中顧問官、枢密院副議長、内務大臣等を歴任した。また、号を蒼海(そうかい)、一々学人(いちいちがくじん)といい、詩書にすぐれ、その書は創造力豊かで、極めて格調の高いものとして評価されている。本書は、明治26年 (1893)、種臣65歳の時の揮毫(きごう)である。
これは、願正寺裁松上人の13回忌法会にあたり追悼の詩2首を、用紙を中国に求め、椽大(てんだい)の筆をもって揮毫し贈られたものである。

関連情報

総合検索
サイト内検索

ご利用案内
comodo ssl